コロナ禍にて長男を無事出産 その1

出産

 私は、結婚して数年後に妊娠していることが分かりました。妊娠を機に主人が入信し、安産の祈願を立てました。

 新型コロナウイルスの感染拡大の渦中でしたが、おかげさまで妊娠期間中は順調に過ごすことができ、つわりもほとんどなく、出産一カ月半前まで仕事を続けることができました。

主人と一緒にお参りすると逆子が治る

 妊娠27週の健診で、逆子と診断されましたが、主人と一緒に教会でお参りさせていただいたすぐ後の31週の健診では、逆子が治っていました。神様の御力をいただいたものと心から感謝しました。

 私が通っていた産婦人科は小さな個人病院で医師は一人だけでした。そのため、医師の意向で複数の妊婦の出産が重ならないよう、出産日を過ぎた場合は、計画分娩になる予定でした。

 医師には自然にお産が始まることを希望している旨を伝えましたが、残念ながら受け入れてもらえませんでした。

続く

(東京都 40代女性)

タイトルとURLをコピーしました