<随   想>

<随   想>

魚屋しぐさ

幼い子の前では包丁を見せない  今回は、「魚屋しぐさ」についてご紹介したいと思います。  最近では、子供たちの遊びといえばコンピューターゲームが流行していますが、その中には大人として見過ごせない暴力に匹敵する映像が出てくることも多々あります...
<随   想>

海外から同胞への思い

震災第一報を聞いて   東日本大震災で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。  私が地震の第一報を知ったのは、当地の時間で夜10時過ぎ、インターネットのサイトを見ているときでした。これは大変なことだぞ、と…  翌日出勤し、当然地震の...
<随   想>

聞き耳しぐさ

きれいさっぱり忘れよう   今回は「聞き耳しぐさ」についてご紹介したいと思います。  江戸時代、多くの人が長屋に住んでいました。長屋は特に壁が薄く、障子で部屋がしきられているだけだったため、簡単に隣で話していることが聞こえてしまう環境でした...
<随   想>

お付き合い相手の喜びは自分の喜び

そしり、ねたみ、やきもちは禁物  今回は、人の喜びは自分の喜びというテーマの江戸しぐさについてご紹介したいと思います。  人は、なかなか他人の幸せを自分のことのように喜ぶことができないものです。  しかし、それが本当にできたならこんなに素敵...
<随   想>

マナーの違い

日本の生活習慣の大切さを実感  オーストラリアに移住して約2年。7歳になる息子が、学校でまたお弁当箱を紛失してきました。  あまりにも頻繁になくしてくるので、原因を問い詰めてみると、息子曰く「昼休みは教室に鍵がかかって入れないから、そのまま...
<随   想>

北方領土問題について

日本の歴史をしっかり学ぼう  昭和20年8月9日、ソ連は日ソ中立条約を一方的に破棄して、満州・樺太等を侵攻した。さらに、ソ連は国際法を無視し、日本人を俘虜として抑留し、シベリア等の各地で強制労働を課した。 わが国の厚生省援護局の資料による...
<随   想>

江戸しぐさ 第20回 「陽にとらえる」

物事は前向きに考えよう  今回は、「陽にとらえる」についてご紹介したいと思います。  「陽にとらえる」とは、現代風にいうなら「ポジティブシンキング」となりますが、今も昔もポジティブに物事を考えることほどいいことはありません。  有能な江戸...
<随   想>

日本を再発見 ロスから日系社会を見る (その2)

ロスでうまくやっていくツボ 人種ではなく人間性で判断すること  バンコクと、ロサンゼルスの日系社会の比較論の二回目である。今回は日系スーパーで働く、日本人以外の人たちの違いについてである。  バンコクの日系スーパーで働く人たちは、当然のよ...
<随   想>

日本再発見 第10回 ロスから日系社会を見る

住む場所で変わる気質も タイ・バンコクではのんびり  日本人は、勤勉である。日本人は、真面目で、神経質である。人には優しい、というか、お人よしなところがある。これが、多くの外国人から見た日本人の評価であるような気がする。  ところが、日本人...
<随   想>

多摩川の源流を訪ねて

 雄大な河川として海に流れ込む多摩川。その多摩川も源流をさかのぼると最初の水の一滴がある。それを見たくて山梨県塩山市の笠取山まで登ってきた。  沢が山の斜面を登り詰め水が枯れてなくなる場所のことを「水干(みずひ)」という。まさに多摩川の始ま...