江戸しぐさ

<随   想>

魚屋しぐさ

幼い子の前では包丁を見せない  今回は、「魚屋しぐさ」についてご紹介したいと思います。  最近では、子供たちの遊びといえばコンピューターゲームが流行していますが、その中には大人として見過ごせない暴力に匹敵する映像が出てくることも多々あります...
<随   想>

聞き耳しぐさ

きれいさっぱり忘れよう   今回は「聞き耳しぐさ」についてご紹介したいと思います。  江戸時代、多くの人が長屋に住んでいました。長屋は特に壁が薄く、障子で部屋がしきられているだけだったため、簡単に隣で話していることが聞こえてしまう環境でした...
<随   想>

お付き合い相手の喜びは自分の喜び

そしり、ねたみ、やきもちは禁物  今回は、人の喜びは自分の喜びというテーマの江戸しぐさについてご紹介したいと思います。  人は、なかなか他人の幸せを自分のことのように喜ぶことができないものです。  しかし、それが本当にできたならこんなに素敵...
<随   想>

江戸しぐさ 第20回 「陽にとらえる」

物事は前向きに考えよう  今回は、「陽にとらえる」についてご紹介したいと思います。  「陽にとらえる」とは、現代風にいうなら「ポジティブシンキング」となりますが、今も昔もポジティブに物事を考えることほどいいことはありません。  有能な江戸...
<随   想>

江戸しぐさ 第19回 もったい大事しぐさ

 今回は、江戸時代のエコロジーについてご紹介したいと思います。  最近、「エコ」という言葉をよく聞きますが、エコロジーの精神は、江戸時代の人々の間にはしっかりと根付いていました。  現代では、自分勝手な私たち人間が好きなだけ地球の財産である...
<随   想>

江戸しぐさ 第18回 「そんな偉い人とは知らず失礼しました」は禁句

先入観で人を決めつけてはいけない  今回は、人と付き合う上で絶対に口にしてはいけない言葉についてご紹介したいと思います。  世の中には、無粋と呼ぶべき種類の人間がいます。  この種類の人は、ひと付き合いの上で自分でも気付かない内に無神経で失...
<随   想>

江戸しぐさ 第17回 目立ちたがりやはみっともない 

 今回は、「目立ちたがりやはみっともない」という長いタイトルから始まる「しぐさ」についてご紹介したいと思います。  「目立ちたがりや」とはどんな種類の人のことを指すのでしょうか。それは、自分だけが注目を浴びようとする人のこと、を世間一般に「...
<随   想>

江戸しぐさ 第16回 あとひきしぐさ

 今回は、人様と会って別れ際にする「あとひきしぐさ」についてご紹介したいと思います。  皆さんは、人と会って別れる時、どのような別れ方をされるでしょうか。  楽しく共に時を過ごして別れる時、先ほどまでの楽しかった、安らいだ気持ちが台なしにな...
<随   想>

江戸しぐさ 第15回 結界わきまえ

 今回は、人が世間で生きていく上で基本的な心得とでもいうべき「結界わきまえ」というしぐさについてご紹介したいと思います。  人には一人ひとり特性というものがあります。それをそれぞれが生かして世の中が成り立っているといっても過言ではありません...
<随   想>

江戸しぐさ 第14回 無理は禁物

 今回は、人間として生きる上で、とても重要な、健康にかかわる「無理をしない」という事についてお話したいと思います。  私たち現代社会に生きる人間は、ついつい自己を過信して無理をしてしまうものです。特に日本人は、働き者で真面目な国民性を持って...