先祖供養 心臓の痛みが消える

健康・病気回復

今日は、心臓の痛みがよくなった人の体験です。

 先祖供養の行事である「霊祭」の期間初日に、朝から心臓が軽く痛みましたが、この日は聖地・万寿山でご奉仕の日でしたので、大したことはないと思い、ご奉仕に参加しました。しかし、作業をしているうちにどんどん圧迫感が強くなり、息苦しくなってきました。一時は声を出すのもつらく途中で帰ろうかとも思いましたが、体は動くので最後まで参加しました。

 自宅に帰り、先祖供養のお参りをしましたが、心臓だけでなく左肩にかけて硬直するようになりました。先祖の影響かと考えましたが、思い当たる先祖は浮かびませんでした。脳出血や脳梗塞、心筋梗塞の前兆ではないかと思い、お参りが終わったら病院へ行くことにしました。

 ちょうど外出から家族が帰宅したので、事情を説明すると、その間に症状は消えていました。その日は病院に行かず、夜中に症状が出たら家族に対応してもらうよう話して就寝しました。御守護賜り、寝ている間も異常はありませんでした。

 この2か月ほど前に健康診断で心電図を取ってもらったところ、ブロック1と診断されました。医者からはブロック2になったらペースメーカーを着けるようにと言われていました。しかし、今までも聖地・万寿山のご奉仕で多くの奇蹟体験やご救済現象をいただいています。今回も心臓の動きを正常に戻していただいたものと感謝しています。また、先祖供養の期間中にこのような現象を賜りましたことは、私個人のみならず、先祖からの悪い因縁を浄化していただいものと思います。

(東京都 70代男性)

抱えている悩み、問題がよくならない背景には、先祖が積んだ悪い因縁が影響している場合があります。神霊教で執り行っている先祖供養の行事である霊祭は、神様の御力を頂くことで、過去にさかのぼって悪い因縁が浄化されるため、現世にいる私たちの悩み、問題が解決します。

詳しくは、こちらをご覧ください。

『真の日本精神が世界を救う―百ガン撲滅の理論と実証』

amazonで発売中