脳腫瘍の症状が消える

健康・病気回復

今日は、入信後、脳腫瘍の症状が劇的によくなった人の顕著な体験です。

 私は高校生の頃、目を閉じると目の前にギラギラした光るものが突然見え、それが収まると頭痛と吐き気を催すようになり、その激しさに1日中横になっていることもありました。21歳の時に病院で検査を受け「左側頭部に障害物があり、症状から脳腫瘍の疑いがある」と言われました。

 ちょうどその頃、神霊教に入信したばかりの両親が私の入信手続きをしてくれました。不思議なことに、その直後から今まで現れていた症状がピタリとなくなり、その後、劇団に入団し7年を過ごしました。結婚して長男が生まれて1カ月の時に、症状は再び現れました。その後、夫と長男が入信し、家族で乗り越えようと信仰を深めていきました。それからは、症状は出てもひどい頭痛や吐き気はなく、約10年後には症状は出なくなりました。

 その後、私は湾岸線のトンネルを走行中、6台の玉突き事故に遭遇し、病院に運び込まれました。この時、大学病院で脳のMRI検査をしたのですが、先生から「あなたの脳はとても綺麗ですね」と言われたのです。脳腫瘍は治っていたのです。このときの事故の怪我も2週間程度で良くしていただきました。お守りいただいていることに感謝しています。

(千葉県 70代女性)

神の道に沿って生きるとき、その人の抱える問題が解決していきます。

詳しくは、こちらをご覧ください。

『真の日本精神が世界を救う―百ガン撲滅の理論と実証』

amazonで発売中