大惨事から救われる

事故災難・トラブル

今日は、一歩間違えば命を落とすような事故に遭遇し、奇蹟的に軽傷で済んだ方の体験です。

 私は自動車整備の仕事をしています。

 昨年末、3トンもあるワゴン車を4点でリフトアップして整備していました。作業の都合で支える点を変え、1.5メートル上昇させた時、車を落下させてしまいました。あわや車の下敷きになるところをリフトと車のわずかの隙間から脱出でき、事故は最小で済みました。

 病院の検査では骨に異常は無く、頭部と肩の打撲とのことで、医師も一緒に仕事をしている板金屋さんも軽傷で済んだことに驚いていました。命を落とすところをお救いいただき、有り難うございました。
(東京都 50代男性)

神霊教信者は、日々、神の道に沿って生きるとき、事故災難に遭遇しても大難を小難にしていただけます。

詳しくは、こちらをご覧ください。

『真の日本精神が世界を救う―百ガン撲滅の理論と実証』

amazonで発売中