たびたびの下血により体内浄化

健康・病気回復

今日は、下血により体内から悪い物が排出され結果、大腸ガンの疑いがなくなった人のとても顕著な体験です。

 ある日、用を足してふと便器を見たところ、下血していることが分かりました。信者の集いで聞いた体験談から、私は大腸ガンになったのではと思いました。

 そこで、できるだけ日参しました。すると、体に軽さを感じるようになり、以前は足が重く全力では走れませんでしたが、全力疾走ができるようになっていました。その後、神霊教の行事に合わせて下血したり、止まったりを繰り返しました。ある行事の朝、また下血がありました。このときはかなりの量でしたが、不思議と体調が悪くなるどころか、良くなったように感じました。これ以降、下血は無くなりました。

 そのような時、区役所から後期高齢者向けの無料健康診断の案内が来ていたので、申し込みました。検体を送り、1週間ほどで検査結果が送られてきましたが、結果は異常なしとのことでした。まるで、よどんでいた血液がすべて入れ替わったかのように、私の体を浄化していただいたものと感謝しています。

(東京都 70代男性)

神霊教では、神の道に沿って生きるとき、自然と良い方へ導かれます。

詳しくは、こちらをご覧ください。

『真の日本精神が世界を救う―百ガン撲滅の理論と実証』

amazonで発売中