入信後、数々のお陰

平穏無事な日々

今日は、入信後、さまざまなお陰を頂いた人の体験を紹介します。

 私は昭和36年、7歳の時に、家族では父の次に神霊教へ入信し、令和3年で満60年を迎えました。その後、母、妹も入信し、家族で数々の御守護、御救済を賜りました。

 私はアレルギー体質による小児湿疹の治癒をはじめ、充実した学生生活、進路では記録写真家として天分を発揮させていただいています。

 平成27年には突然の左半身麻痺を起こしました。呂律がまわらず救急搬送される前に、神様の御力こもるものをいただいたところ、麻痺がすぐに解け、検査結果はなんの痕跡もなくお救いいただきました。

 私の父もまた、商売を良い形で清算でき、胆嚢結石を手術せずに完治させていただきました。

このように家族ともども、現在も数え切れないほどのお陰とお導きを頂き、感謝にたえません。

(東京都 60代男性)

神霊教信者は、神様の力に触れていくと、さまざまなお陰を頂くことができます。

詳しくは、こちらをご覧ください。

『健康で喜びに満たされた毎日』

amazonで発売中