緑内障が快方へ

健康・病気回復

今日は、緑内障を患った人の体験です。

 私は40歳の時に緑内障と診断され、視野の欠損も見つかりました。以来、毎日神様の御力こもる御供物を目に使わせていただき、よく祈念をしていました。

 4年ぶりに近くの眼科を受診し、検査を行いました。すると、眼底検査では異常が見つかったものの、視野検査は正常で、医師からもこの程度なら薬の必要はないと言われました。

 緑内障の症状が快方へ向かっていることに感謝しています。

(千葉県 40代男性)

神霊教では、神の道に沿って生きると、人のもっている本来の生命力が旺盛になるため、医薬に頼ることなく病が善くなっていきます。

詳しくは、こちらをご覧ください。

『真の日本精神が世界を救う―百ガン撲滅の理論と実証』

amazonで発売中

コメント