夫の昇天 本人の希望が叶った最期

往生

 夫は末期ガンと診断され、病院から退院後は自宅にて療養しました。

 入浴、好きな果物やジュース、食事などを楽しみ、「茨城の実家に行き、仏壇にお参りしたい」という願いもガイドさんやヘルパーさんと介護タクシーに乗って実現出来ました。

 帰りには大好きな金目鯛の煮つけ、イワシの天ぷらを食べ、皆を驚かせました。その後、次第に食欲がなくなり、お守りいただきながら昇天しました。

 顔がきれいになり、微笑んでいるかのような相貌になり、生前を知っている方はみな喜んでくれました。誠に有り難うございます。

(東京都 60代女性)