父が悪いものを排出後、静かに大往生

往生

 父は6年前に胃がんが見つかりましたが、一心にお参りをし、療養していました。

 今年2月の教会の行事が行われる朝、大量の悪いものを口から排出し、体調をスッキリさせていただきました。3月、お参りを一緒にさせていただいた後、家族の目の前で、静かに息を引き取りました。

 がんの痛みは一切無く、白かった髪は黒くなり、体温も温かく、死後硬直も無い大往生でした。

(神奈川県40代女性)