母が安らかに昇天

往生

私の母は昭和43年に神霊教に御縁を頂き、数々の奇蹟を賜ってまいりました。

令和2年6月、眠るように93歳の生涯を終えました。振り返りますと、4月から緊急事態宣言の影響により、一緒に暮らしていた姉が自宅待機となって、結果的に母の介護をすることが出来ました。

また、5月に入院となりましたが、お導きを賜り、家から5、6分の病院に決まりました。

そして最期まで苦しむこと無く穏やかに過ごすことが出来、数々のお導きに心より感謝申し上げます。 (埼玉県 60代男性)