「外傷性皮膚欠陥」「右下腿皮下血種」から奇蹟的に回復

健康・病気回復

 30センチ程の高さの段を踏み外して転び、時間が経つにつれ右足の痛みが増し、水疱がいくつもでき、歩きづらくなりました。

 病院で診てもらいましたところ、水泡により皮膚が出来ない「外傷性皮膚欠陥」のため、皮膚移植をすると言われました。

 このままでは大変だと真剣に神様にご祈念すると、その後「皮膚ができているので手術の必要はない」と言われ、大変有り難く感謝致しました。

 しかし、今度は患部に血が溜まるようになり、「右下腿皮下血種」と診断され、手術と2週間の入院を余儀なくされました。

 周囲の方にも協力してもらい、ご祈念させていただくと、医師から「奇跡的」と驚かれるくらい急速に回復し、手術を要せずに退院することが出来ました。お救いいただき心より感謝しております。

(東京都 70代女性)