一晩ガスコンロがついたままも大事に至らず

事故災難・トラブル

 夕食に穀物のおかゆを作るため、ガスコンロに鍋を掛けて炊き始めました。出来上がりに時間が掛かるので、先に弁当を食べたところ、急に疲れが出て、そのまま寝込んでしまいました。

 翌朝台所に行くと、何と昨晩の鍋に、火が点きっ放しで、呆然となりました。8時間ぐらい、鍋を炊いていたことになります。中は黒焦げでしたが、それほど臭いもなく、小難で済みました。神様のお守りを感じました。

(東京都 70代男性)

奇蹟について詳しく知りたい方はこちらへ → 神霊教公式Webページ

コメント