妻が安らかに転生させていただく

往生

 妻といつも通り朝食を済ませ、私は2階へ上がりました。しばらくして1階へ降りると、妻の様子がおかしく、救急車を呼び、市立病院にそのまま入院となりました。

 医師から「このまま静かに逝かせてあげたほうがいいのではないか。天命でしょう」と言われました。娘も私も納得し、その後、静かに息を引き取りました。

 葬儀当日、妻の顔はほっとしたような安らかな表情でした。顔をみた弔問客はとてもきれいだと口々に言ってくださいました。

 妻は神霊教へ御縁を頂く前は精神的にいろいろな波がありましたが、縁を頂き30年、精神や体調の波も御加護のもと乗り越えさせていただき、最後は素晴らしい転生となりました。

 本当に有り難うございました。

(埼玉県 70代男性)

奇蹟について詳しく知りたい方はこちらへ → 神霊教公式Webページ

コメント