必要な時に必要な人が現れる

 私は数々のお陰を人生の節目節目でいただいてきました。中高一貫校の私立中学に入学し、小学校5年から始めた野球を続けていました。この部活動を通してかけがえのない友人や恩師に出会うことが出来ました。また自分が教師を目指すきっかけとなり、大学入試を祈願しました。
 ところが部活引退後、受験勉強に身が入らず、祈念することさえ忘れて怠惰な生活を送っていました。そんな自分を変えたい一心で神霊教の青年活動に参加しました。すると、少しずつですが勉強も軌道に乗るようになりました。しかし結果は思うようにいきませんでした。滑り止めの1校しか合格出来ず、浪人する気も無かったのでその大学に入学しようとしていました。そんな時、一般入試を受けていたある大学から地方の分校への入学を勧めるパンフレットが届き、その時は気が進みませんでしたが、説明会に出席した母の勧めで出願することにしました。
 数日後、その大学から合格通知をいただきましたが放置していました。しかし、何日か経って無性にその大学のことが気になり始めました。手続きの期限が迫り悩んでいたある日、たまたま出会った友人からの助言が自分の中で響き、翌日、その大学への入学を決心しました。必要な時に必要な人との出会いへお導きいただきまして、心より感謝申し上げます。
(北海道 10代男性)