怪我をするも多岐に渡ってお導きいただく

 昨年12月、満員の通勤電車で左脇の肋骨を痛める挫傷をしてしまいました。秋頃から疲労感がひどくなり、毎日の通勤にも限界を感じていたところでした。近所の接骨院で診察後、診断書を出してもらって1週間会社を休み、神様の御力こもる御供物を当てました。胸部は痛いですよと言われていましたが、御供物のお陰で痛み止めが必要な程の痛みにはなりませんでした。
 仕事の面でも、比較的暇な時期で、怪我が治ってきた頃に重要なプロジェクトが始まるなど、お導きをいただきました。
 怪我がきっかけで、会社で新たに出来た時差通勤制度を利用し、1時間後ろ倒しで出勤するようになると、通勤で体力を消耗することがなくなり非常に楽になりました。いろいろな面にわたって御守護いただき有り難うございました。
(埼玉県 60代女性)