元の職場に復帰し、日々健康に仕事と自治会活動を両立

 平成26年12月、私が住んでいる自治会より会計担当者を依頼されました。既に退職していたのと、この地にはもう9年間住んでおり、区長の方も知っておりましたので、引き受けました。会計の仕事が想像以上に大変なことが、実際に始めてから分かりました。
 一方、以前勤めていた職場から、人手不足で再雇用したい旨の連絡があり、なんとか両立出来ると簡単に考え、平成27年2月より再び勤務を始めました。それからは、平日の日中は元の職場に勤務し、帰宅後に自治会の会計の事務処理をし、土・日曜日には、自治会の行事に携わる毎日になりました。
 以前の職場の後輩が同様の仕事につき、2カ月足らずで体調を崩して辞めてしまったことを思いますと、教祖様に御守りいただき、健康で1年間、無事に会計の仕事と両立出来ましたことを心から感謝申し上げます。自治会の仲間からは「本当に良い人に恵まれてよかった」と感謝の言葉もいただきました。重ねて深く感謝申し上げます。
(長野県 60代男性)