母の悪性腫瘍が手術せず良くなる

 私の母は、定期検査で胃に悪性腫瘍が見つかりました。医師からは手術を勧められましたが、私と母で教会に伺って祈願を立てさせていただき、毎日真剣にお参りさせていただきました。
 すると後の検診では医師から、「転移する可能性がほとんど無いため経過観察とします」と言われ、外科的手術を免れました。さらに、「他の治療も何も必要ない」ということでした。2か月後の検診では、「胃の中が大変きれいになっている」と言われ、今後は年に1度の検査を受ければ良いという結果をいただきました。
 以来、母はつつがなく過ごさせていただき、5年を経た今でも再発することなく元気に過ごしております。教祖様の御守護の賜物と厚く御礼申し上げます。
(神奈川県 50代女性)