危うく事故になるところを救われる

 ある日、少々苛立って車を運転しておりました。幹線道路へ左折で合流しようとして、右方向を目視しただけで曲がってしまい、車が近づいてきていたのを見落としておりました。その車はこちらを追い越していきましたが、危うく事故になるところでした。危ないところを助けていただきまして誠に有り難うございました。
(東京都 70代男性)