御供物で怪我の痛みが治まる

 出勤中バスを待っていた時、横で転んだ人に押されて玉突きのような形で私も転倒し、右の腕と手甲を激しく痛めました。バス乗車後、携行していた御供物を患部に擦り込み、心の中で御神語奉唱をしました。バスを降りる頃には激痛は治まって鈍い痛みに変わり、その後も鈍痛の箇所に何度も御供物を使わせていただいたことで腫れることも無く、翌日には前日までの痛みが嘘のように無くなりました。誠に有り難うございます。
(北海道 50代女性)