高速道路で大事故回避

 ある日、高速道路を走行中、前方を走る1台の軽トラックがあり、私の運転する車は、程なく後ろを走っていました。長い柱をたくさん荷台に積んでおり、固定していた紐がゆるんでいました。柱は波を打つように動き出し、「このままでは大事故になる」と思い、咄嗟に神様に縋りました。すると、柱は全て左側の壁と路側帯に落下し、軽トラックは停車しました。私のみならず、他の後方車、軽トラックの運転手も無事で、お守り頂いたと思いました。
(愛知県 50代女性)