叔母を熱中症からお救いいただき最適な住まいをお授けいただく

 この度、一人暮らしを続けていた90歳の叔母の命をお救い頂き、また叔母にとって最適な住まいをお授けいただきました。今年7月、叔母が住むマンションの管理人が異変に気が付き、救急隊が突入する事態となりました。叔母は、猛暑の中で脱水状態でしたが意識はしっかりしていました。入院は免れましたがこのままの生活は難しいと判断され、ヘルパーさんとその上司の方が、隣駅の24時間介護施設を手配して下さり入居となりました。この施設は、スタッフの対応も良く明るい個室で3食付と最適な環境です。「最悪の裏に最善あり」のお言葉通りに御守護、お導きいただき深く感謝しております。
(東京都 60代男性)