寸前のところで事故を免れる

私の仕事の調理場には常に数本の包丁が無造作に置かれていました。ある日、まな板の上に置いてあるビニール袋の下に包丁があることに気付かず、私はその袋を取り出した瞬間、包丁が私の足元に切っ先から落下してきました。
頭の中が真っ白になりましたが、気が付くとエプロンに包丁が触れただけで全くの無傷で済みました。
(岐阜県 40代女性)