逆子が戻り、自然分娩で子宝を授かる

katoakane産後の肥立ちも良く、手のかからない子
この度は、長女紗來を安産にてお授けいただきました。
 妊娠中は御守護を賜り元気に過ごすことができました。
 妊娠中期に、逆子であることが分かりましたが、8カ月になる頃には正常な位置に戻していただきました。
 出産予定日を迎えましたが、出産の兆候が見られず、このまま1週間が過ぎて陣痛がこなければ、陣痛促進剤を使用する旨医師より言われました。
 


 私は、自然な分娩を望んでいたので、医薬を用いず出産できるように、
教祖様に祈念を続けました。すると、予定日からちょうど1週間がたった9月18日の深夜に陣痛を感じ、午後8時1分、3306gの元気な女の子を安産にてお授けいただきました。
 自然分娩もかない、助産師からは初産にしては早い出産だったと言われました。
 産後の肥立ちもよく、元気に過ごすことができ、また紗來も、夜泣きをしない手のかからない子です。
 紗來の育児を通し、これまでに味わったことのない幸福感とともに、自分も同じように母に育ててもらったことを思うと、両親に対して感謝の気持ちが自然と湧くようになりました。
 教祖様に心から感謝しています。
(愛知県 加藤茜加値)