頭部隆起で判断力向上 その1

tanaka 私は昨年夏、3回にわたり、頭部隆起をさせていただきました。
 6月25日夜、霊御守護札様への御神語奉唱中、何か変な、キィーンというような高い音が聞こえました。お参りをやめて耳を澄ましてみましたが、音がしています。
 翌日は音がせず、次の夜はまた音がして、その後ずっと続いていました。
 仕事中はさして気になりませんでしたが、夜、御神語奉唱中は必ずキィーンというような音が続きます。気になり頭を触ってみると、手の平に入るような形で、左側頭部がポッコリと隆起していました。


左側が隆起し、次に右側に痛みが
 頭の反対側を触って比較すると、はっきりと、頭部隆起させていただいていることが分かりました。
 音が消えないので、教会に相談しますと「頭部隆起の現象にもいろいろなパターンがあります」とのご指導を頂き、安心しました。 入信して30年目にして、初めて体験した現象でした。
 7月22日の朝、目覚めと同時に痛みがありました。はじめは二日酔いかなと思いましたが、前夜はそれほど飲んでおらず、やはり二日酔いとは違う痛みでした。この日からずっと痛みが続きましたが、左側頭部のときと同じく、昼間はあまり痛みを感じることはなく、必ず夕方6時前後からで、大変助かりました。
 7月26日、27日の万寿山での御奉仕も、何の心配もなくさせていただくことができました。31日の夜、仏壇に向かってお参りしてから、より一層痛みは強くなりました。
 8月1日と2日の痛みは、口では言い表せないほどでした。ものすごい力で頭の中から押されているようで、頭が割れるか、脳の一部が破壊されるのではないか、などと思い、本当に不安になりました。
 病院に行こうか、このまま教祖様にお任せするか、と自問自答していました。このときも、頭を触ってみてびっくりしました。明らかに、右側頭部に隆起現象を頂いていました。1日、2日は、氷で直接頭を冷やしながら、御神語奉唱をさせていただきました。
 3日の万寿山御奉仕は、何事もなく無事にできましたが、やはり夕方になると痛みが出てきて、夜寝るときは、氷枕をずっと使用していました。そのうち、少しずつ軽くなってきました。=つづく=
(埼玉県 田中 勝彦)
お問い合わせ、ご相談は info@srk.info まで