健康を回復し、仕事にもお陰 その4

仕事の面でもお陰を頂く
 次に、仕事の面でも御神光を賜り、お陰を頂いております。
 私は66歳まで会社勤務後、退職して半年ほど家にいましたが、富山県で会社を経営している友人から連絡が入り、一度こちらに来てほしいと招待されました。
 訪ねていくと彼は私が現役を退くことを待っていて、来月より自分の会社経営のコンサルティングをしてくれるように依頼されました。


友人の会社を手伝うことに
 初めは、せっかく退職をしたばかりで、これから自分の時間を自由に満喫しようと計画を立てていたので断りましたが、再三にわたっての要請に断りきれず、1年だけの約束で仕事を引き受けることにしました。
 友人には持病があり、彼の片腕となって手伝ううちに強い要請もあり、1年では辞められなくなりました。
 あと1年、もう1年と続けていくうち、いつしか10年にもなってしまい、77歳の喜寿を迎えるときをケジメの年として、友人社長の同意を得、18年3月末、任期満了を機に退職することに決まりました。
 ところが、その友人がその年の3月9日に急死してしまい、彼の遺言により私が全面的に会社経営を見なければならなくなってしまったのです。=つづく=
(東京都 堀内 和三)
お問い合わせ、ご相談は info@srk.info まで