健康を回復し、仕事にもお陰 その2

発表会の翌日には教会を訪ねて入信
 その方から、とにかく一度青葉台の教会に来るように勧められましたので、早速翌日伺うことにしました。
 その日はあまりにも目まいの症状がひどかったので、妻の肩に縋りながら教会に行きました。
 受付の方に神霊教についての詳しい話をお聞きし、教祖様にお縋りすればどんな難病もお救いいただけると言われましたので、まず、最初に私一人が入信させていただくことにしました。


入信当日にめまいが治る
 手続きをさせていただいた後、2階の御会堂で初めて御神語奉唱を5分間させていただきました。そして御神水を頂いてから帰宅の途に就きました。
 その帰り道のことです。往きは妻の肩に縋って歩かねばならないほど、目まいがひどかったはずなのに、帰りはなんと目まいのことをすっかり忘れて気分良く元気に歩いていたのです。
 心は晴れやかで、あれほど心配していた病のことも、まるで人ごとのように感じられました。
 藁にも縋るように入信させていただいたその日のうちに、症状のひどい目まいを治していただくという大きなお陰を賜ったのです。そして、1カ月後に妻と子供3人が入信させていただき、家族信仰を確立することができました。=つづく=
(東京都 堀内 和三)
お問い合わせ、ご相談は info@srk.info まで