ダウン症のハンディを乗り越え就職 その4

 こうして、教祖様の偉大な御神光に浴し、真の健康体となって心身ともにお救いいただいた鈴木さんは、無事に高校を卒業。3月6日の御式において、教祖様に直接、感謝の御礼を申し上げた。


保育園で毎日楽しく仕事に励む
 「教祖様、日々御守護賜りまして誠にありがとうございます。3月4日に無事、高校を卒業することができました。
 私は平成2年11月3日、ダウン症というハンディを背負って生まれ、それが切っ掛けで神霊教に御縁を賜りました。
 小さいころは免疫力が弱く、白血病、肝機能障害、ハシカなど、生と死をさまようことが何度かありましたが、そのたびに教祖様の御神力を賜り、お救いいただきました。
 体も少しずつ丈夫にしていただきました。小学校のときは風邪をひきやすく何度か休むこともありましたが、中学校は1日しか休まず、高校では3年間休むことなく皆勤で卒業することができました。
 就職につきましても、不況の中、教祖様のお導きにより、私立の保育園で働けることになりました。
 現在は毎日楽しく仕事をさせていただいております。教祖様、本当にありがとうございました」
 鈴木さんは、本年5月の教祖様御生誕祭にも元気に参列させていただいた。あらためて、教祖様の御神力の素晴らしさを実感している鈴木さん家族であった。(おわり)
お問い合わせ、ご相談は info@srk.info まで