ダウン症のハンディを乗り越え就職 その1

 愛知県に住む鈴木さん(仮称)は、ダウン症というハンディを乗り越え、高校を無事に卒業し私立の保育園に就職した。
 お母さんは今の元気な娘の姿を見て、入信当時から現在までの18年間をこう振り返る。


入信後、哺乳量が増え、吐くこともなくなる
 長女は、ダウン症というハンディを背負って、平成2年に生まれました。生まれたときから母乳を吸う力もなく、泣くのがやっとで、ミルクを飲んでもほとんど噴水のように吐いてしまい、「これからどうなるのだろう」と途方に暮れていました。
 そんなある日、友人から神霊教の話をお聞きして、平成3年4月に主人とともに御縁を頂きました。
 入信後は、教祖様の御神力を頂き、日に日に哺乳量が増え、吐くこともほとんどなくなり、順調に発育していきました。(つづく)
お問い合わせ、ご相談は info@srk.info まで