神霊教との縁で運命が好転 その2

秋葉原の事件でも回避することができた
 神霊教では、重大事故に巻き込まれるのを未然に防いでいただいている方々も多く、私にもそのような奇蹟が起こりました。それが昨年の秋葉原の通り魔事件の際に頂いたお陰であります。
 昨年5月26日、仕事が終わり自宅のパソコンでメールを見たところ、高校時代の友人から、メッセージをもらいました。久しぶりに6月の土日のいずれかの日に、他の友人もう一人と合わせて、3人でどこかで会おうとのことでした。


当初、秋葉原で友人と会う予定が
私の都合で横浜に変更になり、事件から遠ざかる

 私は先ほども申し上げました通り、重量機械の搬入、据え付けの仕事に従事しており、仕事柄どうしても工場の機械が止まっている、土、日、祝日に現場作業が入りやすく、その段階では予定が空いているかどうか即答はできませんでした。
 6月2日、久しぶりに事務所に戻り、仕事の日程の確認、調整を行い、6月7日と8日を休暇にし、その旨を友人にメールで返信しました。
 翌3日、友人から返事が来ました。私の予定がはっきりしなかったので、とりあえずもう一人の友人が横浜の海老名に住んでいる関係で、横浜で待ち合わせの約束をしました。
 再び友人からメールをもらい、時間を6月8日の日曜日12時30分に、場所を横浜駅で待ち合わせと決めました。
 6月8日当日は予定の時刻に3人とも集まり、久々にカラオケに行ったり、夕食を取りながら近況報告をしたりと、充実した時間を過ごし、またどこかで会おうと約束し別れました。
 友人と会っている最中に何気なく携帯でニュースサイトを見ると、秋葉原で通り魔事件があったらしいとのことでしたが、そのときはこの話題を話すと、楽しい空気が沈んでしまうのではないかと思い、あえて話題にしませんでした。
 翌9日、パソコンで友人が付けている日記を見ますと、通り魔事件についての話題に触れており、その際に驚くべき事実が分かりました。
 もし5月26日の段階で私が6月8日の予定が空いていた場合、待ち合わせを秋葉原の駅に、昼の12時にしようとほぼ決まっていたらしいのです。私が仕事の関係で返事が遅れたために、待ち合わせ場所が変わったのでした。
 もし、あの段階で私が即答した場合、秋葉原でちょうど事件と遭遇し、巻き込まれた可能性が非常に強く、下手をしたら怪我や、命を落としていたかもしれないかと思うと、ぞっとしました。
 神霊教は、何事も事故や災難から免れて、平穏無事に生活ができるという奇蹟を頂ける有り難い信仰です。このお陰は、まさに未然に危険を回避させていただき、平穏無事である有り難さを分からせていただきました。
 自分の身をお救いいただきましたことを、教祖様に心より感謝申し上げました。
 私は、このような数々の奇蹟を頂きながら信仰に目覚めたのは非常に遅く、まだ信仰に対しては浅い信者でございます。しかし、これからは神霊教の香りのする信者として、努力をしたい所存でございます。<おわり>
(千葉県 斉藤 直利)
お問い合わせ、ご相談は info@srk.info まで