長男の広汎性発達障害が改善 その3

 そんな暗い毎日のある日、妻が仕事で名古屋に行ったとき、熱田神宮前の百貨店でお店を出していた占いコーナーに吸い込まれるように入っていきました。
 妻の深刻な状態を知り、その人は神霊教を紹介してくれました。そして神霊教の対外紙『明けゆく世界』を渡してくださり、新聞の教祖様の写真に手を合わせ、「お祈りしなさい」とアドバイスをしてくださいました。


神霊教の「頭部隆起」の奇蹟に惹かれ入信
 後日、妻は教会の方と電話で話をしました。私は、信仰心はあったものの「新興宗教は危ない。とんでもない」と考えていました。
 しかし、妻がもらってきた対外紙に書かれていた「頭部隆起」の話が本当なら、長男の脳の障害を治していただけるかもしれないと考え、話だけでも聞いてみようかと思い、名古屋教会を訪ねました。
 教会の方の話を疑うことなく、素直に聞くことができました。またこのとき、話を聞くうちに頭が痛くなり、「まさか、もう頭部隆起でもあるまいし」と不思議な気持ちでした。その日は後日行われる名古屋教会でのイベントを紹介していただき、帰りました。
 そのイベントでは奇しくも頭部隆起をテーマとした体験発表がありました。会場の雰囲気や接してくださる信者さんもみな良い人ばかりで、うそっぽいところは一切ありませんでした。
 私にとって、新興宗教なんて詐欺商法で人の弱みにつけ込む非道で卑怯な団体だとそれまで思っていましたが、神霊教は全く違っていました。
 どうせ、現代医学では治らない病気なら、現代科学を超越した奇蹟に期待するしかない。ここは一度だまされたと思って、飛び込もうと決意し、イベント後、家族4人の入信手続きをしました。<つづく>
(東京都 岡部 秀造)
お問い合わせ、ご相談は info@srk.info まで