ガラス施工で奇蹟 その1

itakura私は、さいたま市でガラス店を営んでいます。
去る2月22日にIT企業の事務所工事の仕事で、渋谷の15階建てビルの11階でのガラス工事のため職人5人と入りました。
仕事は順調に進んでおりましたが、ガラスの周りに打つコーキング剤(防水などのため構造物の継ぎ目・すきまを埋める充填剤)が不足するのではないかと不安になりました。


御神語を唱えた瞬間、目的の店を見つける
そして大きなガラスの施工が終わり、心配だったコーキングはやはり、あと2本どうしても不足したので、職人がまだ工事をしている間に、私はコーキングを買ってこようと車で建築金物屋に向かいました。
しかし、夕方なので車は渋滞しており、また目当てのお店がなかなか見付かりません。
現場は次の日が引き渡しとなっており、もしどうしても見付からなければ、明日の午前中に予定を変えてでも、私が来て作業を完了せねばならないと思っていたところ、国道の反対側に、あの店ならコーキングがあるのではないかと思う店があり、車を止めて歩道橋を渡りました。
そして私は目当ての店の手前で思わず心の中で御神語を1回唱えたその瞬間、その店より少し手前に広い路地があり、突き当たりに何と探していた大きな建築金物店がありました。私はこんなことがあるものなのかと、その店に入り、無事に同色のコーキングを買うことができました。おかげさまで、次の日、予定通り引き渡すことができました。それにしても心の中で御神語を1回唱えたその瞬間に目当ての店が現れるという奇蹟にただただ驚くばかりでした。
(埼玉県 板倉 勝則)
お問い合わせ、ご相談は info@srk.info まで