聖帝・昭和天皇1

迫水久常参議院議員(当時)の講演から
大東亜戦争終結の大英断
神霊教の大塚先生が日本精神復興のために、非常なご熱意をもって、活躍なされていることに対し、私は心から敬服いたしております。とともに、できるだけのお手伝いをさせていただきたいと考えております。
私は日本精神のことを考えるたびに、常に思い出し、涙が溢れてならないことがあります。と申しますのは、昭和20年8月15日、大東亜戦争が終結するときのことです。


涙の御前会議
当時鈴木貫太郎海軍大将が内閣総理大臣を勤めておられました。私は内閣の番頭役、すなわち今でいう内閣官房長官、当時の名称では内閣書記官長の大役を勤めさせていただいておりました。
それゆえ私は大東亜戦争を終結させる、いろいろの手続きや段取りのすべてを取り仕切っておりました。
さて私がそのような重責にあったころ、今でも忘れることができないのは昭和20年8月9日のことです。その日の真夜中、宮中の防空壕の中、天皇陛下の御前で戦争を終結させるか否かに関する、最後の御前会議が開かれました。
その御前会議に列席した者は、全部で11名でした。現在、その出席者で生き残っている者は、わずか3名だけでございます。そのとき、私は一番末席を占めさせていただいておりました。
会議の席上、戦争を終結させるか否かについて、いろいろな論議がございました。が、最後に鈴木総理大臣が立って、天皇陛下に「陛下の思召しをうかがわせてくださいませ」とお願い申し上げたのでございます。
天皇陛下は「それでは自分の意見を述べるが、皆のものは自分の意見に賛成してほしい」と仰せられました。時に昭和20年8月10日午前2時ごろのことでした。
陛下の御言葉に全員が号泣
陛下は、体を少し前にお乗り出しになられまして「自分の考えは、先ほどの東郷外務大臣の意見と同様に、この戦争を無条件に終結することに賛成である」と仰せられたのであります。
その瞬間、私は胸が締めつけられるようになって、両方の目から涙がほとばしり出て、机の上に置いた書類が雨のような跡を残したことを今でも覚えております。
部屋は、たちまちのうちに号泣する声に満ちました。私も声をあげて泣いたのでございます。
しかし、私は会議の進行係でございましたので、もし天皇陛下のお言葉がそれで終わるならば、会議を次の段階に移さなければならないと考えまして、ひそかに涙に曇った目をもって、天皇陛下の方を拝しますと、陛下はじっと斜め上の方をお見つめになっていらしゃいました。
そして白い手袋をおはめになった御手の親指を、眼鏡の裏にお入れになって、何回となく眼鏡の曇りをおぬぐいあそばされておられました。やがて白い手袋をおはめになった御手で、両頬をおぬぐいになりました。
陛下御自身お泣きあそばされていることを拝しました参列者一同、身も世もあらぬ気持ちでその時ひれ伏し泣くほかなかったのでございます。
陛下は我が身を犠牲にしても国家と国民を守る覚悟を示された
陛下は思いがけなくも「念のために理由を言っておく」とお言葉を続けられました。「自分の務めは、先祖から受け継いできた日本という国を、子孫に伝えることである。もし本土で戦争が始まって、木土決戦ということになったならば、日本国民はほとんど全部、死んでしまうだろう。そうすればこの日本の国を子孫に伝える方法はなくなってしまう。それゆえ、まことに耐えがたいことであり、忍びがたいことであるが、この戦争を止めようと思う。ここにいる皆のものは、その場合、自分がどうなるであろうと心配してくれるであろうが、自分はいかようになっても、ひとつも構わない。この戦争を止めて、国民を一人でも多く救いたいという自分の意見に賛成してほしい」という主旨のことを、たどたどしく、途切れ途切れに、ほんとうに胸からしぼり出すようにして陛下は述べられたのであります。
かくして、大東亜戦争は終わりました。……すなわち大東亜戦争が終ったのは、天皇陛下が御自身の身命をお犠牲になさいまして、日本の国民を救い、日本国をお救いになられたのであります。
私はこの時の話を、あるとき西本願寺の一高僧に話しをしたことがございました。するとその高僧は「迫水さん、その時の陛下の御姿は、阿弥陀様の御姿であったに相違ありません」と言って、私に一連の数珠をくださいました。
私の家は代々、神道でございますが、その話を聞いて感銘した私は、こうしてその数珠を肌身離さず持っております。
私はこの数珠に手が触れるたびに、日本という国は、あの時、天皇陛下が身に代えてお残しになられたから、今日、存在することができているのだ。今日、一億の日本人がいるのは、あのとき陛下が身命を賭して、お残しになったからこそ存在しているのだと思い起こすのです。日本精神は、日本の中心、国家の象徴として存在している天皇陛下の御為という精神でもあります。その天皇陛下のお陰で、今のわれわれの命があるのでございます。