江戸のエコロジー

どの国よりも衛生的な町  「もったいない」の徹底


17世紀末の約3年間(1690~1692)、日本に滞在したドイツ人ケンペルは、次のように記しています。
「この民は、習俗、道徳、技芸、立ち居振る舞いの点で世界のどの国民にも立ちまさり、国内交易は繁盛し、肥沃な田畠に恵まれ、頑健強壮な肉体と豪胆な気性を持ち、生活必需品はありあまるほどに豊富であり、国内には不断の平和が続き、かくて世界でも稀に見るほどの幸福な国民である」(「日本誌」)


また、幕末に来日したアメリカの総領事タウンゼント・ハリスも、安政4年(1858)に、次のように書いています。
「人々はみな清潔で、食料も十分にあり、幸福そうであった。これまでに見たどの国にもまさる簡素さと正直さの黄金時代をみる思いであった」と。


ハリスの驚きの目は、江戸の町にも向けられました。そこは、十九世紀のヨーロッパのどの都市よりも人口の多い巨大都市でした。しかも、想像できないほど美しく衛生的な町でした。江戸日本文明には、ヨーロッパ人が驚くほど、幸福な社会が実現されていたのです。
もともとほとんど人の住んでいなかった武蔵野の外れに、幕府が置かれ、人工的に作られた都市が江戸です。急激に大勢の人が入り込んで来たので、ゴミや不用品の処理に困りました。1600年代の前半には、深刻な問題となりました。しかし、この解決に取り組んで、高度のリサイクル社会を実現したのです。いわば「もったいない」の徹底です。


その例として、ろうそくが挙げられます。「ろうそくの流れ買い」という業者がいて町を巡回し、各家で燭台の上に垂れたしずくが固まったものを、秤で計って買っていきました。買い集めたろうは、安いろうそくの原料として再利用されました。
また、江戸庶民の多くは長屋住まいで、トイレは共同でした。その糞尿の所有権は、大家にありました。大家は糞尿を農家に売りました。その収入は、家賃より多かったといいます。


こうして糞尿を大切な資源として利用したので、江戸の町では、下水に流す生活廃水が少なかったのです。隅田川は、河口の佃島付近でも、白魚が豊富に取れるほど水がきれいでした。
パリの空の下を流れるセーヌ川は、こうはいきませんでした。19世紀の文豪ビクトル・ユーゴーは、「レ・ミゼラブル(ああ無情)」の中で、パリの下水道を批判しています。当時のフランスの国家予算は20億フランでしたが、肥料の値段にして5億フラン分にもなる糞尿を、川に流していました。
その結果、土はやせ、川が病気を運ぶため、「下水道は誤った考えである」とユーゴーは主張しています。ヨーロッパの市民に比べ、江戸の町民は、ずっと文化的な生活を送っていたのです。


さて、人類は、このかけがえのない地球において、限られた資源を有効に使って共生する道を学ばなければなりません。この時、西洋近代文明が支配する世界から離脱して、平和で自然と調和した社会を実現した江戸日本文明は、これからの地球文明のモデルを提示しているといえます。
私たち日本人は、先祖の優れた知恵を、世界の人々に伝える使命を持っているのです。